田無皮フ科コンタニクリニック 田無皮膚科・交通事故 病院 西東京市 予約制

西武新宿線 田無駅4分 湿疹,てあれ,にきび,イボ,ウオノメ

田無皮フ科
コンタニクリニック

〒188-0011 東京都西東京市
田無町3丁目9-6-102

皮フ科症例コンタニクリニック 西東京市

しみ・肝斑・しわ

しみ・肝斑の治療

皮膚の下層のメラニン色素が紫外線、ホルモン、年齢等の刺激で不規則に増殖するために生じます。 メラニン色素の生成を正常な状態に戻すビタミン剤、紫外線防御で地道に治します。オプションで自費になりますが、コンタニクリニックオリジナル天然甘草エキス配合グラブリジン軟膏3000円(税抜)、ハイドロキノンスティック HQスティック3000円(税抜)も好評です。

IMG_2216.jpg

ほほのシミ 一部老人性角化症

IMG_8638.jpg頭部の老人性角化症

IMG_8665.jpg

女性 右頬のしみ

IMG_8687.jpg女性 左頬の肝斑

IMG_8717.jpg女性の左頬のしみ

特製グラブリジンクリーム

グラブリジン・・・この薬は当院が20年の歳月をかけて完成したオリジナルシミ取りクリームです。
グラブリジンとは、漢方薬に使われる甘草(カンゾウ)の美白成分を抽出したもので、この原液を無添加白色軟膏に練り込み、熟成いたしました。
お若い方からお年寄りまで、天然の美白効果をお試し下さい。(3g 3,000円税抜)

shimi.jpg

シミ取り ハイドロキノンスティック4%(HQスティック)

hq.jpg

使いやすいリップクリームタイプのハイドロキノンです。
ポケットに入れておいて1日に何回でも塗れますので効果は絶大です。
ぜひ一本気になるシミにお試し下さい。(1本4g入り3,000円税抜)

【ハイドロキノン(Hydoroquinone)とは?】
欧米で美白といえば、ハイドロキノンです。
ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分であり、『肌の漂白剤』とも言われる強力な作用を持っています。

昔々・・・写真屋さんの手が色白なので調べてみたら、写真の現像に使う薬品にハイドロキノンが含まれていたようです。
現在ではハイドロキノンはメラニン色素を合成するチロジナーゼという酵素の阻害剤であり、シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする作用があることが判明しています。

つまりメラニン細胞に新しいメラニンを作らせなくしておくと、皮膚のターンオーバー(入れ替わり)により結果的に表皮はメラニン色素の少ない、綺麗な新しい皮膚に置き換えられる事になります。

しわ シワ の治療

IMG_3946.PNG

当院ではアラガン・ジャパン社製のボトックス・ビスタによる眉間(みけん)、目尻のしわの治療を行っています。要電話予約 カウンセリング料3240円(税込み) 施術料40000円(税込み)。

「しみ・肝斑・しわ」に関する症例等

1